どっちが良いの?社外製iPadペンシル2種類を徹底比較

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

Apple Pencilを使ってみたいですが、純正品はちょっと高すぎますよね💦

ということで今回はAmazonで2,000円~3,000円の価格帯で気になっていた社外製のiPadペンシルを2種類(USGMoBiKINGONE)購入したので、製品の比較をします!

この記事を読んで欲しい人
  • 社外製のiPadペンシルが気になっている方
  • どのペンを選んで良いか迷っている方
スポンサーリンク
[ad01]

スペックの比較

  USGMoBi KINGONE
サイズ 約16cm 約16.6cm
重さ 約17.8g 約16.8g
連続使用 約24時間 約10時間
充電時間 約90分 約1時間
電源 ボタン タップ
オートスリープ 自動オフ:5分 自動スリープ:5分
自動オフ:30分
USB端子 Type-B Type-C
ペンの形状 丸い 接着面が平
付属品 USB充電ケーブルx1
替え芯x1
ピンセットx1
取扱説明書
USB充電ケーブルx1
交換用ペン先x3
取扱説明書
パームリジェクション
傾き検知
磁気吸着

使用感

2種類のペンを使った使用感をざっくり書き出してみました。

USGMoBi

遅延や書きにくさは感じませんでした。

ペンの傾き感知はありませんが、絵を描くわけではないので気になりませんでした。

ペンの上部にある電源ボタンを押して電源を切り替えるタイプのため、電源の切り忘れの心配はなさそうです。

LEDインジケーターがペン先の方にあるため、電源がオンになっているかが自然と目に入る作りになっています。

ボタンで電源切り替え

長時間使用できるので、外出先でバッテリー切れの心配はなさそうですが、iPadに吸着できないので、持ち運ぶ時はペンを固定する方法を考えた方が良いです。

Apple Pencil(第1世代)のように丸い形状なので、気を付けないと転がって行きます。

良いところ
気になったところ
  • 外でバッテリー残量が気にならない
  • LEDインジケーターが見やすい
  • 電源の切り替えが確実
  • iPadに吸着できない
  • ペンが転がる

KINGONE

こちらも遅延や書きにくさは感じませんでしたが、たった1gですがUSGMoBiより軽いと感じました。

端子がType-CなのでiPad proユーザーにとって相性が良いです。(同じケーブルの使いまわしが可能。)

Apple Pencilと同じようにiPad Proの側面に付けて持ち運びができるのも気に入っています。

うめ
うめ

iPad Proの側面に吸着しただけでは電源はオフになりませんでした💦

ペンの上部にLEDインジケーターがあるため、ペンの持ち方によってはほとんど見えなくなります。

接着面側にLEDインジケーターがついているため、iPad Proに着けている時は電源がオンになっているか確認できません。

接着の向きに注意

KINGONE」はペンの上部にある電源をタップして電源を切り替える仕様です。

タップで電源切り替え

スリーブから取り出した時に電源がオンになっていたり、使用中に電源に触ってしまい電源がオフになってしまうことが何度かありました。

電源オンの状態

バッテリー性能は「USGMoBi」の半分以下ですが、10時間使えるので特に問題はないかと思います。

交換用のペン先が3本付属しているので長く使えそうな印象を受けました。

また、接着面が平になっているため、ペンが転がらないのも良いところです。

ペンは転がらない
良いところ
気になったところ
  • 軽い
  • iPad Proに吸着して持ち運び可
  • Type-C
  • ペンが転がらない
  • LEDインジケーターが見にくい
  • 電源の反応が鈍い時がある

どちらを選ぶか

どちらか選ぶのであれば自分は「KINGONE」を選びます。

この3つが決め手になりました。

ここが良かった
  • 本体の軽さ
  • iPad Proの側面に吸着する
  • 接着面が平になっているのでペンが転がらない
うめ
うめ

バッテリー性能よりも普段使いの方を選びました!

ただ、iPad Pro以外は側面に吸着できないので、iPadユーザーにとっては「USGMoBi」も選択肢としてアリだと思います。

補足ですが、どちらもBluetooth接続ではないので、iPadからバッテリー残量は確認できません。

まとめ

今回は2種類(USGMoBiKINGONE)について紹介しました。

まとめ

iPad Proユーザーには「KINGONE」、iPadユーザーには「USGMoBi」がオススメです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました