【保存版】ノートパソコンのキーボードが外れた時の直し方

Windows10
この記事は約3分で読めます。

今回はノートパソコンのキーボードが外れてしまった時の直し方を紹介します。

こんな人に向けた記事です!
  • ノートパソコンのキーボードが外れた
  • パンタグラフとは?
  • 自力で外れたキーを直したい!

少しでも直し方がイメージしやすいように写真やイラスト付きで解説していきます!

スポンサーリンク
[ad01]

キーボードの種類

今回対応するノートパソコンはパンタグラフ式のキーボードです。

パンタグラフ式のイメージを作ってみました。

キートップが押し込まれると黄色のパンタグラフが下がり、ラバードームが押し込まれてキー入力を認識する構造になっています。

パンタグラフ式キーの特徴
  • 軽いキータイプでも認識されやすい
  • キートップの端を押しても認識される
  • キーが外れた時に力任せにすると割れる
  • 簡単にキーを外すことができないので掃除がしにくい

キーボードの取り付け方

取り付け手順
  1. キートップからパンタグラフを取り外す
  2. パンタグラフからキーボードに取り付け
  3. 最後にキートップの取り付け

キートップからパンタグラフを取り外す

このままだとキーボードに取り付けることができないので「キートップ」から「パンタグラフ」を外していきます。

パンタグラフは下のパーツ⇒上のパーツの順番で外します。

手前に優しく引っ張るとキートップから外れます。上の部分も同じ要領で力を入れずに手前に引っ張って外します。

うめ
うめ

無理矢理外そうとするとパンタグラフが割れてしまうので気をつけましょう💦

パンタグラフとキートップに分けることができました。

パンタグラフが割れているとキーボードやキートップに取り付けることができないので、破損がないか確認しておきましょう。

パンタグラフからキーボードに取り付け

キーボードにはパンタグラフ⇒キートップの順番で取り付けます。

パンタグラフはキーボードの上の爪部分に引っかけるように取り付けます。

上の爪に引っかけたあとはゆっくりキーボードに置くとパンタグラフがセットされます。

最後にキートップの取り付け

続いてキートップも同じようにパンタグラフの上部分から斜めに引っかけていきます。

上の部分が引っかかったらキートップをキーボードにゆっくり押し込み、パチンパチンと音がすればOKです!

まとめ

今回はノートパソコンのキーボードが外れてしまった時の直し方について紹介しました。

キーボードへの取り付け手順
  1. キートップからパンタグラフを取り外す
  2. パンタグラフからキーボードに取り付け
  3. 最後にキートップの取り付け
うめ
うめ

パンタグラフを割らないように気をつけましょう💦

取り付け手順を間違わなければ誰でもできる作業ですので、慌てずに試して下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
うめ

便利なガジェットレビューやPCのトラブル解消記事を書いています。
単調な繰り返し作業が苦手なので、作業効率化の仕組みを記事にしています。
月間6.5万PV突破しました!
商品レビューのご依頼は「お仕事の依頼について」をご確認ください。

うめをフォローする
Windows10
スポンサーリンク
[ad01]
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました