【最新版】FUJIWiFiの解約手順と注意点

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

FUJIWifi(フジワイファイ)を解約することにしたので手順と注意点を解説していきます。

FUJIWifiは月100GBプランで約1年ガンガン使用してきましたが、楽天モバイルへの乗り換え、自宅に固定回線を引いたため、解約することにしました。

うめ
うめ

FUJIWifiは通信速度が安定していため、ストレスなく使うことができました。

スポンサーリンク
[ad01]

解約の流れ

FUJIWiFiの解約は以下の手順で進めます。

  1. 郵便局やローソンで「レターパックライト(360円)」を購入
  2. Webサイトから解約の申請
  3. レターパックライトに本体、付属のケーブルを入れて投函
  4. 追跡番号を登録

解約の注意点

解約は15日までに行うこと

申請月に解約したい場合は「解約月の15日まで」に解約の申請を行いましょう!

15日までに解約申請ができなかった場合、解約は翌月扱いになってしまいます。
余計な支払いを避けるためにも解約のタイミングを間違えないように気をつけましょう。

デポコミコースの短期間(12ヶ月未満)解約について

デポコミコースとは

デポコミコースでは申し込み時に「デポジット料金として5,000円」支払うことで月額料金を割引する仕組みです。
デポジット料金は解約時に返金されますが、12ヶ月未満で「解約・プラン変更」を行うとデポジットが返金されません。

おまとめプランの途中解約について

一定期間の料金を一括払いにすることで支払いがお得になる仕組みですが、期間中に解約をした場合、残りのおまとめ料金は返金されません。

出典:FUJI Wifi公式サイト

不要であればWiFi機器の電源はオフにする

解約月を過ぎても回線停止がされないため、WiFi機器は使える状態になっています。
解約月の最終日23時59分までに電源を落としておきましょう。
※充電すると自動的に電源が入る機器もあるため、充電も避けましょう。

うめ
うめ

解約月の翌月に100MB以上使用すると一ヶ月分請求されるため、ギリギリまで使わずに早めに電源をオフにしておきましょう。

解約手続き後のキャンセルは不可

解約手続きが完了した後にキャンセルすることはできません!
間違えのないように注意しましょう…。

解約手順

FUJIWiFiの解約は公式サイトの「マイページ」から行います。

出典:FUJI Wifi公式サイト

マイページログイン後にメニュー内の「解約手続き」⇒「レンタル機器の解約」を選択

出典:FUJI Wifi公式サイト

注意事項を確認して問題なければ「続行」を選択

出典:FUJI Wifi公式サイト

契約しているプランや機種名に間違いがなければ「解約申請」を選択

出典:FUJI Wifi公式サイト

続いて注意事項のページに移りますが、ここでは重要な情報が盛り沢山なので見落としのないように注意しましょう。

確認する内容
  • 解約時期
  • 返却する物
  • 返却期限・返却方法
  • 違約金について

毎月15日までに解約申請を行えば申請月末での解約になります。

ルータープランで契約しているため返却する物は「本体」・「USBケーブル」になります。

12月末で解約する場合は1月3日(当日消印有効)までに指定された返却品(レターパックライトを使用)を送ります。
※発送後に追跡番号の登録を行いましょう。

違約金の対象にならないように注意しましょう。

  • 返却遅延があった場合は利用料金一ヶ月分が請求されます。
  • 解約月以降に100MB以上のデータ利用があった場合、利用料金一ヶ月分が請求されます。
  • USBケーブルを紛失した場合、機器損害金(220円)が請求されます。

全ての「注意事項に同意」「解約理由を選択」「解約実行」を選択して解約申請は完了です!

出典:FUJI Wifi公式サイト

追跡番号の登録

レターパックで返却機器を投函したあとに追跡番号を登録します。
※メールで返信も可能ですがサイトで登録した方が手っ取り早いです。

マイページで「解約手続き」⇒「返却時の追跡番号」を選択

出典:FUJI Wifi公式サイト

レターパックで返却した場合は「日本郵政」⇒「追跡番号を入力」⇒「確認画面」で登録完了です。

出典:FUJI Wifi公式サイト

FUJIWifiの解約手順と注意点のまとめ

最後にFUJIWifiの解約手順と注意点をまとめていきます。

解約手順
  1. 事前にレターパックライトを用意する
  2. 解約は解約月の15日までに公式サイトのマイページから申請する
  3. 機器を返却後にマイページで「追跡番号」を登録する
注意点
  • 解約月の翌月に100MB以上使用すると一ヶ月分請求される
  • 指摘日までに機器を返却しないと一ヶ月分請求される
  • USBケーブルを紛失すると機器損害金(220円)が請求される

解約は計画的に進めましょう。
また、追加で請求されないように注意しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました