【プラグイン】AdSense Invalid Click Protectorショートコードの設定手順を徹底解説

【プラグイン】AdSense Invalid Click Protectorショートコードの設定手順を徹底解説 WordPress
この記事は約3分で読めます。

アドセンス狩りの被害に遭う前に導入しておきたいプラグインは「AdSense Invalid Click Protector」(AICP)です。

AICPはインストール後に広告を守るためのショートコードを作成してfunctions.phpに設定する必要があります。

細かく解説しているサイトを参考にしながら進めましたが、どのように進めるのか悩む部分があったので、初心者でもわかるように画像付きで徹底解説をします!

この記事でわかること

AdSense Invalid Click Protectorインストール後に必要な設定」がわかります!

【関連記事】> アドセンス狩りの被害に遭いました

スポンサーリンク
[ad01]

ショートコードの作り方

PHPバージョン5.3以上が必要になります。

下記コードをベースとして使用します。

※今回のコードはブロックした相手にメッセージを表示させないようにしてます。

修正が必要な部分
  • data-ad-client=”ca-pub-1234567890
  • data-ad-slot=”1234567890

赤字の部分を「AdSense コード」に書き換えます。

AdSense コードを取得

❶Google AdSenseの管理画面で「広告」⇒「サマリー」を選択

❷「広告ユニットごと」を選択

❸右下の「< >」を選択

ここに記載されている「data-ad-client=”ca-pub-XXXXXXXXXX」と「data-ad-slot=”XXXXXXXXXX“」をコピペしましょう。

function.phpに設定

Word Pressの管理画面で「外観」⇒「テーマエディタ」を選択

テーマファイルを「function.php」に切り替えてから用意したコードを貼り付けます。
※子テーマ(Coccon Child)を使用

Cocconの設定変更

最後にCocconの広告にショートコードを設定します。

Coccon設定」⇒「広告」を選択

広告コード」に[ad01]を貼り付けて保存

ショートコード名を変更している場合はfunction.phpに設定したショートコードと同じ名前にしてください。

設定は以上です。

まとめ

本記事ではAICP用のショートコードの作り方と設定について解説をしました。

まとめ
  • ショートコードはテンプレートを使用
  • AdSense コードは管理画面から確認
  • Coccon設定にショートコードを設定

AdSense合格が無駄にならないようにAICPは早めに導入しておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました