【WordPress】管理画面で「PHPの更新が必要です」と表示された時の対処法

WordPress
この記事は約3分で読めます。

WordPress管理画面のダッシュボードで「PHPの更新が必要です」と表示されるようになりました。

うめ
うめ

PHPのアップデートをする必要があるの?

本記事では「PHPの更新が必要です」と表示されている時の注意点や更新手順についてまとめています。

スポンサーリンク
[ad01]

更新する理由

WordPressはPHPで動いているため、新しいバージョンにすることで以下のメリットがあります。

更新するメリット
  • 古いバージョンよりも効率的に動作するため最大で3~4倍サイトの表示速度が向上する
  • 最新のセキュリティ機能が導入されるためサイトが安全になる

サイトが速くなることで検索エンジンの評価が上がるだけでなく、ユーザーの滞在時間が伸びる効果も期待できます。

また、古いバージョンのまま放置するとシステムの脆弱性をつかれてハッキングの被害を受ける可能性があります。

更新前の注意点

Windowsのアップデートと同じように更新処理が必ず成功する保証がないため、以下の注意点を確認して少しでも更新失敗時のリスクを減らすように準備をしておきましょう。

更新をする時の注意点
  • サイトのバックアップを作成
  • WordPress 本体、テーマ、プラグインのアップデート

サイトのバックアップを作成

バックアップ用に「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」というプラグインを使用しています。

「今すぐバックアップ」で即時バックアップができるのと、保存サイクルとバックアップファイル数を決めるだけで、指定したクラウドストレージに自動保存をしてくれるので、手軽にバックアップ環境を用意することができます。

データベース、プラグイン、テーマなどを一括でバックアップしてくれます!

WordPress 本体、テーマ、プラグインのアップデート

流れ
  1. ダッシュボード」⇒「更新」を選択
  2. WordPressのバージョンを「今すぐ更新
  3. プラグインを最新版にする
  4. 使用している「テーマを更新

❶「ダッシュボード」⇒「更新」を選択

❷WordPressのバージョンを「今すぐ更新

❸プラグインを最新版にする

❹使用している「テーマを更新

PHPの更新手順

PHPの更新はエックスサーバー(レンタルサーバー)で更新をしてきます。

エックスサーバーにログイン後「サーバー管理」を選択

❷サーバーパネルの「PHP Ver.切替」⇒使用しているドメインを選択

❸変更後のバージョンを選択して推奨になっているバージョンを選択

❹推奨のバージョンで「変更

❺PHPのバージョンが変更されます。

Warning: preg_replace(): Compilation failed エラー

PHPの更新後にサイトで大量のエラーが発生していました。

内容を確認すると「Crayon Syntax Highlighter」プラグインが原因でした。

このプラグインは何年も更新されておらず、PHP 7.2までは正常に動いていたようですが、PHP 7.3以降はエラーが発生してしまうようです。

うめ
うめ

何年も更新されていないプラグインはいつか使えなくなると思った方が良いですね。

この場合の対処法はプラグインを無効化するが正しい対応です。

まとめ

これでダッシュボードの「PHPの更新が必要です」が表示されなくなります。

長期間更新されていないプラグインがあるとエラーが発生する可能性もありますが、慌てずにエラー内容を検索すると対処法が見えてくると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました