【初心者向け】作成したVBAをボタンで実行する方法

Excel
この記事は約2分で読めます。

前回はマクロをコピペして動かす方法を解説しましたが、今回はボタン」を押してマクロを実行する方法を解説していきます。

VBAとボタンを紐づければエディタを起動せずにVBAを実行することができるので覚えましょう!

スポンサーリンク

準備

前回の記事を元にVBAを動かせる状態に用意します。
※Module1にVBAのソースを貼り付けた状態。

ボタンの設置

Excelに戻り、「開発タブ」⇒「挿入」⇒「ボタン(フォームコントロール)」を選択

作成したいボタンのサイズを考えながらマウスをドラック。

マウスから指を離すと「マクロの登録」と表示されるので、ボタンを押した時に動かしたいマクロを指定します。

動かすマクロを選択してOKを選択するとExcel画面に戻り、先ほどマウスでドラッグしたサイズのボタンが設置されます。

ボタンを右クリック⇒「テキストの編集」で好きな名称に変更することができます。

設置したボタンとVBAは紐づいているため、ボタンを選択すると登録したVBAが動きます!

まとめ

今回は設置したボタンを押してVBAを実行する方法について解説をしてきました。

ボタンはどのシートに設置しても良いので、マクロを裏側で動いているように見せることも可能です。

梅屋
梅屋

作る人のセンス次第で
色々な見せ方が可能です…!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました