【VBA】入力規則の設定・削除する方法

VBA
この記事は約2分で読めます。

今回はVBAで「入力規則を設定する方法」と「入力規則の設定を削除する方法」を紹介します。

入力規則を設定しておくことで、想定外のデータ入力を防ぐことができます。

うめ
うめ

「入力の注意書き」は基本的に読んでくれない物と思っています…(笑)

データ修正に手間を掛けるくらいであれば、選択肢の中から選ばせた方がお互い楽になります!

ここでは例として「1月」(半角)と入力して欲しいのに「1月」(全角)で入力されるケースを想定しています。

また、合わせて入力規則を解除する方法も紹介します。

スポンサーリンク
[ad01]

コード

例として月データを事前に用意しておき、C2~C13セルの値を入力規則としてA2セルに設定します。

入力規則設定前

コードを実行するとA2セルで月データをプルダウンリストから選ぶことができます。

入力規則設定後

月データを選んだ状態で入力規則を削除するとデータを残したまま入力規則だけを外すことができます。

入力規則を削除

月データの選択範囲は用途に合わせて修正してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
うめ

便利なガジェットレビューやPCのトラブル解消記事を書いています。
単調な繰り返し作業が苦手なので、作業効率化の仕組みを記事にしています。
月間9万PVを突破しました!
商品レビューのご依頼は「お仕事の依頼について」をご確認ください。

うめをフォローする
VBA
スポンサーリンク
[ad01]
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました