【VBA】入力規則の設定・削除する方法

【VBA】入力規則の設定・削除する方法 VBA
この記事は約2分で読めます。

今回はVBAで「入力規則を設定する方法」と「入力規則の設定を削除する方法」をご紹介します。

入力規則を設定しておくことで、想定外のデータ入力を防ぐことができます。

うめ
うめ

「入力の注意書き」は基本的に読んでくれない物と思っています…(笑)

データ修正に手間を掛けるくらいであれば、選択肢の中から選ばせた方がお互い楽になります!

ここでは例として「1月」(半角)と入力して欲しいのに「1月」(全角)で入力されるケースを想定しています。

また、合わせて入力規則を解除する方法もご紹介していきます。

スポンサーリンク
[ad01]

コード

Sub 入力規則の追加()

'最終行
Dim MaxRow  As Long: MaxRow = Sheet1.Range("C1").End(xlDown).Row

'入力規則の設定
With Sheet1.Range("A2").Validation
.Delete
.Add _
Type:=xlValidateList, _
Formula1:="=Sheet1!$C$2:$C$" & MaxRow 'B1~B3の値を入力規則に設定
End With

End Sub

例として月データを事前に用意しておき、C2~C13セルの値を入力規則としてA2セルに設定します。

入力規則設定前

コードを実行するとA2セルで月データをプルダウンリストから選ぶことができます。

入力規則設定後
Sub 入力規則の削除()

'入力規則の削除
Sheet1.Range("A2").Validation.Delete

End Sub

月データを選んだ状態で入力規則を削除するとデータを残したまま入力規則だけを外すことができます。

入力規則を削除

月データの選択範囲は用途に合わせて修正してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

VBAを学習する時間が取れない人

VBAは我流で組むことができますが、初心者だと作業時間が多く掛かったり、間違った部分を見つけるのに苦労したります。

VBAが組めるようになれば便利なことも多いですが、仕事をしながら勉強するのは結構大変…。

もし時間に追われて思うようにいかないのであればココナラで「VBAを組める人」に依頼してみませんか?

個人で販売しているため価格も抑えらえれます
まずはこちらから無料会員登録をして依頼をしてましょう!


VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました