【VBA】目次の自動生成

Excel
この記事は約1分で読めます。

Excel VBA マクロとハイパーリンクの組み合わせで目次生成の自動化を行います。
2つのボタン「目次作成」、「シート追加」で制御します。

このツールを作成した目的はマニュアル作成を効率的に進めたい!という思いが原動力になっています。

スポンサーリンク

処理の流れ

今回はどのボタンを選択したかによって動き方が異なります。
一つのSubプロシージャでボタン判定の処理を行っています。

目次作成

目次作成の用途

手動で追加したシートを目次に表示します。(ハイパーリンク付き)

「目次作成」のボタンを選択した場合

  1. 共通ルートの処理に進み
  2. 読み込んだシート名を目次に設定
  3. シート名に遷移するようにハイパーリンクを設定
  4. 読み込んだシートのA1セルが空の場合に目次に戻るためのハイパーリンクを設定

シート追加

シート追加の用途

シートの追加、ハイパーリンクの設定を同時に行います。

「シート追加」のボタンを選択した場合

  1. シート追加を選択した場合、指定した名前のシートを末尾に追加
  2. 追加シートのA1セルに目次に戻るためのハイパーリンクを追加
  3. 目次作成と同様の処理

コピペで使えるコード

ソースをコピペ後に2つのボタンを設置します。
※どちらにも「目次作成」のマクロを設定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました