【Windows10】USB・DVDにインストールメディアを作成する方法

Windows10
この記事は約2分で読めます。

今回は Windows10の「メディア作成ツール」を使用してWindows10アップグレード用のUSBメモリ・DVDを作成する方法をご紹介します。

ポイント

メディア作成ツールはUSB・DVDに作成することができますが、DVDの場合は別途ライティングソフトが必要になるため、今回はUSBメモリの作成を推奨しています。

スポンサーリンク

メディア作成ツールをダウンロード

Windows10更新ツール(Microsoft公式ページ) の「ツールを今すぐダウンロード」を選択

メディア作成ツールを作成

最新バージョンのexeファイルがダウンロードされるので実行。

ライセンス条項を確認してから「同意する」

「別のPCのインストールメディアを作成する」を選び「次へ」

使用しているパソコン用に作成する場合はそのまま「次へ」を選択

注意点

別のPC用に作成する場合は、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外して、使用するPCの環境に合わせた状態にする必要があります。

「USBフラッシュドライブ」を選択

注意点

・8GB以上のUSBメモリを用意
・USBは上書きされるためデータは空にする

ちなみにUSBメモリは1,000円以下で購入できます!

ちょっとしたデータ移行やバックアップなどに使えるので手元に1本は用意しておくことをオススメします!

created by Rinker
バッファロー
¥800 (2020/10/20 05:32:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
東芝(TOSHIBA)
¥646 (2020/10/20 05:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

USBを認識してから「次へ」を選択

Windows10のダウンロード開始されます。

ダウンロード終了後は「完了」を選択して終了です。

DVDの場合

DVDに焼く場合は「ISOファイル」を選択して「次へ」

「Windows.iso」ファイルがダウンロードされるため、ライティングソフトを使用してDVDに焼きます。

まとめ

今回は Windows10の「メディア作成ツール」 についての解説を行いました。

本記事ではUSBの使用を推奨していますが、USBメモリが手元にない場合はDVDを使用しても問題ありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました