【VBA】指定したフォルダのファイル一覧を取得する

VBA
この記事は約1分で読めます。

今回はExcel VBAで指定したフォルダの一覧をExcelに書き出すマクロの作り方をご紹介します。
フォルダ内に存在するファイルの一覧をまとめたい場合に使えます。

コピペで使えるようにしていますので、ご活用ください!

うめ
うめ

ファイル数が多い時に重宝します!

スポンサーリンク
[ad01]

コード

※シート名は「ファイル一覧」としています。

実行後

実行後の表示はこの通りです。
「対象フォルダ」に格納されている拡張子がxlsxのファイル名を一括で取得します。

今回のコードはxlsx以外のファイル名は取得しません。
取得するファイルによって8行目を修正してください。

ファイル名を取得した場合、B6セルから下方向に書き込んでいきます。

この記事では取得したファイル一覧を元に一括でファイル名を変更する方法をご紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

当ブログは投げ銭システムを導入しています。

記事で公開しているVBAのコードが「役に立ったよ!」「有料級の情報だったよ!」と思って下さる方からの応援をお待ちしております。

梅屋ラボを応援する

今後の記事作成の励みになります…orz

VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました