【VBA】「はこのマシンでは利用できないため、オブジェクト を読み込めませんでした。」の対象法

Office
この記事は約2分で読めます。

リモートワーク中に職場のPCで正常に動いていたVBAをノートPCにコピーしてから起動すると、こんなメッセージが表示されました。

「はこのマシンでは利用できないため、オブジェクト を読み込めませんでした。」

うめ
うめ

これは初めて見るエラーでした…。

原因&対象法

職場のExcelが32ビットなのに対して、配布されたノートPCにインストールされていたExcelが64ビットだったのが原因でした。
※32ビットで再インストールしたら正常に動くようになりました。

それでは確認した時の流れを順番に確認していきます。

スポンサーリンク
[ad01]

VBAのソースコードを確認

ALT+F11でVBEを起動してF8でステップインすると、コンパイルエラーで止まる。

VBEの参照設定を確認

ProgressBarで止まってたので、参照設定が外れているのかなと思い、「ツール」⇒「参照設定」で設定を確認。

「Microsoft ProgressBar Control」がないんですけど…。

参照設定がない理由

調べてみると32bitでできることが64bitだとできないようです。

今回エラーになったプログレスバーに限った話でなく、64bitだと色々と成約があるようです。

うめ
うめ

64bit版は使わない方が良いです!

結局どうしたら良いの?

64bitをアンインストールして32bitをインストールが正しい対応になります。

そもそもキッティングした人がインストールしたを間違えたのが根本的な原因です。

うめ
うめ

32bitをインストールしたら、エラーなくVBAが動くようになりました!

こんな猛者もいました

なければ作ればいい。
素晴らしい考え方だと思います!(未検証ですがリンク貼っておきます。)

まとめ

今まで正常に動いていたマクロを別PCにコピーしてから実行した際に「はこのマシンでは利用できないため、オブジェクト を読み込めませんでした。」と表示される場合の対象法は32ビットのOfficeをインストールすると正常に動くようになりました。

うめ
うめ

新しい環境でマクロが動かない場合は、新しい環境がおかしくないか確認しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
うめ

便利なガジェットレビューやPCのトラブル解消記事を書いています。
単調な繰り返し作業が苦手なので、作業効率化の仕組みを記事にしています。
月間6.5万PV突破しました!
商品レビューのご依頼は「お仕事の依頼について」をご確認ください。

うめをフォローする
OfficeVBA
スポンサーリンク
[ad01]
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました