【VBA】VBScriptでマクロを実行する方法

VBA
この記事は約2分で読めます。

今回はVBScriptを使ってExcelを開かずにVBAを実行する方法をご紹介します。

うめ
うめ

VBAを実行するためのボタンやブックを閉じる処理を割愛できるので便利です。

やりたいこと
  • Excelを開かずにVBAを実行
  • VBAを実行したらExcelは閉じる
スポンサーリンク
[ad01]

サンプルコード

ほぼコピペで使えるようにしていますが、一部修正が必要です。

まずは下記のコードをメモ帳などに貼り付けてください。

C:\sample.xlsm“の部分に動かしたいマクロの格納先を設定。

うめ
うめ

サンプルはC直下に置いています。

sample“の部分に実行するプロシージャ名を設定してください。

VBAを実行すると「VBScriptファイルから実行しました。」とメッセージが表示されます。

マクロの格納先、プロシージャ名修正したら名前をつけて保存。

最後に拡張子を「vbs」に変更します。

準備はこれだけです!

注意点

サンプルコード通りしたのに動かないという場合は、マクロの格納先、プロシージャ名に間違いがないか確認してください。

下記のエラーは意図的にプロシージャ名を違う名称に変更してから実行した結果です。

何行目がエラーになっているか教えてくれるので、VBSのコードを修正してください。

実行結果

作成した「Sample.vbs」を実行するとsampleプロシージャが動き、設定しておいたメッセージが表示されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
うめ

便利なガジェットレビューやPCのトラブル解消記事を書いています。
単調な繰り返し作業が苦手なので、作業効率化の仕組みを記事にしています。
月間6.5万PV突破しました!
商品レビューのご依頼は「お仕事の依頼について」をご確認ください。

うめをフォローする
VBA
スポンサーリンク
[ad01]
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました