【VBA】見出し以外のデータをクリアする(Offset&ClearContents)

VBA
この記事は約1分で読めます。

VBAでセルのデータをクリアしたいけど、見出しはそのまま残しておきたい。そう思ったことはありませんか?

OffsetとClearContents」を組み合わせることで、データをクリアする場所を指定することができます。

スポンサーリンク
[ad01]

コード

解説

今回のコードはシンプルです。

名前データは「テストデータ・ジェネレータ」をお借りしました。

まずは「Range(“A1”).CurrentRegion」でA1でCtrl+AA1:E11を選択した状態にします。

Offset(1, 0)」で1行下にずらして参照範囲をA2:E11に変更します。

Offset(行方向, 列方向)

最後に「ClearContents」で表の枠は残して文字と数式だけを削除します。

実行結果

補足

A列「No」の情報も残しておきたい場合は、「Offset(1, 1)」列方向を1に変更すればOKです!

実行結果実行結果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

当ブログは投げ銭システムを導入しています。

記事で公開しているVBAのコードが「役に立ったよ!」「有料級の情報だったよ!」と思って下さる方からの応援をお待ちしております。

梅屋ラボを応援する

今後の記事作成の励みになります…orz

VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました