Office365「別の認証アプリを使用します」を拡張機能(Authenticator)でログインする方法

Office365「別の認証アプリを使用します」を拡張機能(Authenticator)でログインする方法 Google
この記事は約2分で読めます。

今回はOffice365の多要素認証(2段階認証)に拡張機能(Authenticator)を使用してログインする方法をご紹介します。

本来はスマホに「Microsoft Authenticator」アプリをインストールしてから認証用のコードを入力することでアカウント情報を紐づける仕組みのようですが、スマホにアプリを入れずに認証させたいという人向けの記事になります。

うめ
うめ

社用携帯を持っていないので認証用のアプリをインストールできません!(涙)

スポンサーリンク

Authentcatorをインストール

Google Chromeの拡張機能「Authenticator」をインストールします。

Authentcator

インストール後は拡張機能ボタンでアプリ名を確認できます。

多要素認証(2段階認証)

2段階認証が有効の状態でOffice365にサインインすると詳細情報が要求されます。

Office365にサインイン

詳細情報が必要の画面で次へを選択

詳細情報が要求される

「今はしない(期限まで14日です)」を選択すると一時的に先に進むことができますが、期限を過ぎるとアカウントがロックされるため推奨しません。

アカウントのセキュリティ保護で「別の認証アプリを使用します」を選択

別の承認アプリを使用

Authenticatorで認証

別の認証アプリを使用します」と選択すると認証アプリ用のQRコードが表示されるのでAuthenticatorの「QRコードスキャン」を選択

QRコードをスキャン

表示されているQRコードをドラッグ

読み込むQRコードをドラッグ

QRコードスキャン後に6桁の数字が要求されるのでAuthenticatorに表示された数字を画面に入力

6桁の認証コード

承認アプリが正常に登録してから「完了」を選択

承認アプリで正常に登録

設定は以上です。

まとめ

今回は拡張機能(Authenticator)を用いてOffice365の二段階認証にログインする方法をご紹介しました。

二段階認証を登録してしまえば次回からID、PW入力でログイン出来るようになるため、一度きりの設定になってしまいますが備忘録として残しておきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました