【VBA】過去の月を取得する(DateSerial関数)

VBA
この記事は約2分で読めます。

今回はExcel VBAのDateSerial関数を使用して日付(今月、先月、先々月)を取得する方法をご紹介します。

個人的にはファイル名に「年月日」+「ファイル名」を付けて請求書の作成に使用しています。

「20200131請求書.xlsx」このような使い方が多いですね。

スポンサーリンク
[ad01]

構文

DateSerial(Year,Month,Day)
指定した年月日を取得します。

サンプル1

Sample1のコードを実行することで今月、先月、先々月を取得します。
DateSerial関数を使用して引数に指定した月(Month)を取得します。

実行結果(1月の場合)

Sample1の実行結果

サンプル2

Sample2を実行することで今月、先月、先々月の「月末日」を取得します。

DateSerial関数の引数に指定した年(Year)、月(Month)、日(Day)を拾うことができます。
※日(Day)の値を0にすると月末日を取得

うめ
うめ

年が変わっても気にしなくて良いので便利です!

実行結果(2021年1月の場合)

まとめ

仕組みさえ理解すればあとは必要に応じて組合せるだけで手軽に年月日をを取得できるので、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

当ブログは投げ銭システムを導入しています。

記事で公開しているVBAのコードが「役に立ったよ!」「有料級の情報だったよ!」と思って下さる方からの応援をお待ちしております。

梅屋ラボを応援する

今後の記事作成の励みになります…orz

VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました