【Windows10】コマンドプロンプトでファイルサイズ一覧を簡単に作成する方法(where)

【Windows10】コマンドプロンプトでファイルサイズ一覧を簡単に作成する方法(where) Windows10
この記事は約2分で読めます。

PCやファイルサーバーのデータ整理をする時にどのファイルの容量が大きいのか調べたいと思ったことはありませんか?

うめ
うめ

ファイルサイズ、作成日があるといらないファイルなのか判断しやすいですよね。

今回はコマンドプロンプトの「where」を使用してファイルサイズの一覧を作成する方法をご紹介します。

コピペで使えるので試してみてくださいね。

取得できる内容
  • ファイルのサイズ
  • 作成日
  • 更新日
  • フルパス
スポンサーリンク
[ad01]

使い方

❶ファイルサイズ一覧を出力するフォルダを用意します。
ここではサンプルとしてCドライブ直下に「log」フォルダを作成しています。

❷ファイルサイズを確認したいフォルダのリンクバーに「cmd」と入力してEnterを押すとコマンドプロンプトが起動します。

リンクバーに「cmd」⇒「Enter」
うめ
うめ

フォルダのリンクバーでコマンドプロンプトを呼ぶとディレクトリを移動する手間が省けます!

調べたいフォルダに移動済み

❸コマンドプロンプトに「WHERE /R C:\sample . /T > C:\log\list.txt」と入力してEnter

C:\sample ⇒ 調べたいフォルダ
C:\log\list.txt ⇒ フォルダ一覧の出力先&ファイル名

うめ
うめ

フォルダサイズが大きいと一覧の出力に時間が掛かるので、途中で止めずに一覧が出力されるまで待ちましょう。

一覧出力済み

❹「log」フォルダにlist.txtが出力されます。

一覧の確認方法

出力された一覧をメモ帳で開いても見づらいのでExcelで確認します。

出力された一覧

❶ファイル一覧をコピーしてExcelにそのまま貼り付ける

ファイル一覧のデータをExcelに貼り付け

❷A列を選択した状態で「データ」⇒「区切り位置」を選択

データの「区切り位置」を選択

❸区切り位置指定ウィザードは何も変更せずに「次へ」⇒「次へ」⇒「完了」と進めます。

❹これでデータの形が整いますので、見出しの行を挿入してA列を「桁区切りスタイル」に変更してからデータを並び替え(降順)をしましょう。

データ整形後

まとめ

今回はコマンドプロンプトの「where」を使ってファイルサイズ一覧を作成する方法について解説をしました。

うめ
うめ

これでファイル一覧を簡単に出力できるようになるので試してみて下さい!

ちなみにファイルサーバーでも同じ手順でファイル一覧を出力できましたが、フォルダの容量が大きいほどファイル一覧の出力に時間が掛かるので気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました