【Windows10】リモートデスクトップで「2セッション同時」に接続する方法

Windows10
この記事は約2分で読めます。

PCのセットアップやトラブル対応で2台同時にリモートデスクトップ接続できたら良いな…と思ったことはありませんか?

Windows10のデフォルト設定では1台しかリモート接続できないようになっていますが、設定を変えるだけで2台同時に接続できるようになります!

うめ
うめ

これで作業効率が上がりますね!

スポンサーリンク
[ad01]

リモートデスクトップ接続の設定変更

それでは設定変更についてご説明していきます。

Win+Rでファイル名を指定して実行を開き、「gpedit.msc」と入力してEnter

❷ローカルグループポリシーエディターで「コンピューターの構成」⇒「管理用テンプレート」を選択

「Windowsコンポーネント」を選択

「リモートデスクトップサービス」⇒「リモートデスクトップセッションホスト」⇒「接続」を選択、右側の「リモートデスクトップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」をダブルクリック

デフォルトでは有効になっているので「無効」に変更して「OK」を選択

これで設定完了です!

【関連記事】> 【Windows10】リモートデスクトップ接続でコンピューター名とユーザー名を保存する方法

2つのリモートデスクトップサービスを実行

設定変更後は「リモートデスクトップサービス接続」ウインドウを2つ起動して別々のPCに接続できるようになります!

今回は以上です。
複数台のPCを1台ずつ接続して不便と感じている人は是非お試しください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました