【Windows10】リモートデスクトップで「2セッション同時」に接続する方法

Windows10
この記事は約3分で読めます。

PCのセットアップやトラブル対応で2台同時にリモートデスクトップ接続できたら良いな…と思ったことはありませんか?

Windows10のデフォルト設定では1台しかリモート接続できないようになっていますが、設定を変えるだけで2台同時に接続できるようになります!

【追記】
「Windows10は1台しかリモート接続できない」は間違いでした。
設定済みの方がいましたら申し訳ございません。

確認したところ、Windows10のデフォルトの状態でリモートデスクトップ接続を複数起動することができました。

Windows10で複数の「リモートデスクトップ接続」は設定を変えずに可能です!

リモート接続数の条件はPCのスペックに左右されるようです。

リモートデスクトップ接続はいくつ接続できるのか」を検証された方のご紹介します。

【オススメ記事】> リモートワークにオススメの骨伝導イヤホンを見つけました!

スポンサーリンク
[ad01]

リモートデスクトップ接続の設定変更

下記の設定手順は2ユーザーが同一アカウントでWindows Serverに同時接続を有効にするための設定になります。

それでは設定変更についてご説明していきます。

注意点

本記事では1台のPC(Windows10 Pro)から同一ネットワーク環境内の2台のPC(Windows10 Pro)に対して接続を行っています。

※実施は自己責任にてお願いします。

Win+Rでファイル名を指定して実行を開き、「gpedit.msc」と入力してEnter

ファイル名を指定して実行「gpedit.msc

❷ローカルグループポリシーエディターで「コンピューターの構成」⇒「管理用テンプレート」を選択

「コンピューターの構成」⇒「管理用テンプレート」

「Windowsコンポーネント」を選択

「Windowsコンポーネント」

「リモートデスクトップサービス」⇒「リモートデスクトップセッションホスト」⇒「接続」を選択、右側の「リモートデスクトップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」をダブルクリック

「リモートデスクトップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」を選択

デフォルトでは有効になっているので「無効」に変更して「OK」を選択

「無効」に変更

これで設定完了です!

【関連記事】> 【Windows10】リモートデスクトップ接続でコンピューター名とユーザー名を保存する方法

設定変更後は2ユーザーが同一アカウントでサーバーに同時接続できるようになります。

Windows Serverのリモートデスクトップ接続の上限は2ユーザーまでとなっており、同時に3ユーザーが接続することはできません。

まとめ

まとめ
  • Windows10はPCのスペックが許す限り、複数のリモートデスクトップ接続を実行することが可能
  • Windows Serverで同一アカウントで同時ログインを行う場合は「リモートデスクトップサービスユーザーに対してリモートデスクトップサービスセッションを1つに制限する」を無効にする

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました