iPhoneでモバイルデータ通信が繋がらない原因が判明(コンテンツとプライバシーの制限)

Apple
この記事は約2分で読めます。

今までモバイルルーターを別途契約して持ち歩いていたので、モバイルデータ通信はオフで運用してきました。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT V」への乗り換えを機にモバイルデータ通信を利用することにしましたが、設定を有効にしても上手くネットに繋がらない…。

今回はそんな時に確認する内容をご紹介します。

スポンサーリンク

状況を確認

Safariが繋がらない

Safariでyahooを表示しようとするとネットに接続されていないとメッセージが表示されます。

左上にキャリア(Rakuten)の表示はされているので繋がっているはず…。

モバイルデータ通信の確認

iPhoneのコントロールセンターを確認するとモバイルデータ通信(緑アイコン)は有効になっているように見えますが、何か違和感が…。

「設定」⇒「モバイル通信」でアプリごとの設定を確認するとSafariが無効になっていました。

有効にしようとしますが、アプリ名の表示がグレーアウトで設定が変更できませんでした。

原因が判明しました

実はモバイルルーターで運用している時に、誤操作でモバイルデータ通信をオンにしても繋がらないように制限を掛けていたことが原因でした。

うめ
うめ

何年も前に変更した設定だったので完全に失念していました…。

それでは制限を解除していきます…。

「設定」⇒「スクリーンタイム」を選択

「コンテンツとプライバシーの制限」を選択

「モバイルデータ通信の変更」を選択

モバイルデータ通信を「許可」に変更

コントロールセンターを確認するとモバイルデータ通信のアイコンが正常に戻っています!

「設定」⇒「モバイル通信」でモバイルデータ通信を許可するアプリを全て有効にしましょう。

まとめ

少しでも無駄なモバイルデータ通信を抑えた結果、こんな形で悩まされるとは思いませんでした…。

モバイルデータ通信を有効にしているのにネットに繋がらない場合は通信制限をしている可能性があるので、困っている人の参考になれば良いなと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました