【解決済】HDD→SSDクローン作成で「0xc000000e」が発生した時の対処法

Windows10
この記事は約3分で読めます。

デスクトップPCのHDDをSSDに交換したところ、0xc000000eエラーが発生してPCが起動しなくなりました…。

今回は交換したSSDにブート構成データが割り当てられていなかったのが原因でしたので、設定を直していきます。

スポンサーリンク
[ad01]

ブート構成データの割り当て

❶Windows10の起動DVDでPCを起動して「次へ

❷「コンピューターを修復する」を選択

❸「コマンドプロンプト」を選択

❹コマンドプロンプトに「bootrec /rebuildbcd」と入力

❺「インストールをブート一覧に追加しますか?」で(Y)を選択すると「指定されたパスが見つかりませ」と表示されたため、もう少し掘り下げていきます。

❻コマンドプロンプトに「DISKPART」→「LIST VOLUME」の順で入力してドライブレターの割り当てを確認。

うめ
うめ

差し替えたSSDがDとして認識されているため、Windowsのブートファイルが見つけられなかったようです💦

ボリュームの移動

WindowsにボリュームCを割り当てるために、下記コードをコマンドプロンプトに順番に入力し、ボリュームを正しい状態にセットします。

手順①

select volume 1

ボリューム1が選択されました。」と表示されるので、下記コードを貼り付けます。

assign letter=F

DiskPartはドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。」とメッセージが表示されればOK。

list volum

これでVolume1をCからFに変更されているのを確認。

うめ
うめ

Cを未選択の状態にしておきます。

手順②

続いてVolume2にCを割り当てます。

select volume 2

ボリューム2が選択されました。」と表示されるので、下記コードを貼り付けます。

assign letter=C

DiskPartはドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。」とメッセージが表示されればOK。

うめ
うめ

ここでは割愛していますが、手順①と同じようにlist volumと入力すればVolume2にCが設定されていることが確認できます。

ブートファイルの作成

PCの電源を落として、Windows10の起動DVDでPCを起動してコマンドプロンプトに下記コードを入力していきます。

作成手順
  1. bootrec /rebuildbcd
  2. ブートを一覧に追加しますか?で(Y)を選択すると同じエラーが発生
  3. bcdboot C:\Windowss /l ja-JP」を入力してブートファイルを作成。

※先程指定したCドライブを設定すると正常に起動しました。

まとめ

本来Cドライブに設定されているはずのWindowsブートファイルがDに指定されていたため、正常に起動できなかったんですね。

「0xc000000e」エラーが発生した場合は、ブートファイルをCに指定してあげれば起動するようになりますので、まずはドライブレターの設定を確認してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
うめ

便利なガジェットレビューやPCのトラブル解消記事を書いています。
単調な繰り返し作業が苦手なので、作業効率化の仕組みを記事にしています。
月間6.5万PV突破しました!
商品レビューのご依頼は「お仕事の依頼について」をご確認ください。

うめをフォローする
Windows10
スポンサーリンク
[ad01]
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました