【VBA】シートを最後(末尾)にコピーする(Copy after)

【VBA】シートを最後(末尾)にコピーする(Copy after) VBA
この記事は約1分で読めます。

Excel VBAでコピーしたシートをブックの最後に設定します。
これは日常的に使っている書き方ですので、参考にしてください。

スポンサーリンク
[ad01]

Copy afterとWorksheets.Countの関係

Sheet1を末尾にコピーするにはWorksheets.Countを使いシートのインデックス番号を取得します。

Worksheets(“Sheet1”).Copy After := Worksheets(Worksheets.Count)

シートのインデックス番号

インデックス番号が1の場合はシートが一つしか存在していません。

Copy afterでインデックス番号1の後ろにシートを追加することで「最後にシートをコピーしている」ように見せています。

サンプルコード

サンプルコードで実行すると末尾にSheet1をコピーした「コピー」シートが作成されます。

Sub sample()

'末尾に「コピー」シートを追加
Worksheets("Sheet1").Copy after:=Sheets(Worksheets.Count)
ActiveSheet.Name = "コピー"

End Sub
末尾に「コピー」シート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

VBAを学習する時間が取れない人

VBAは我流で組むことができますが、初心者だと作業時間が多く掛かったり、間違った部分を見つけるのに苦労したります。

VBAが組めるようになれば便利なことも多いですが、仕事をしながら勉強するのは結構大変…。

もし時間に追われて思うようにいかないのであればココナラで「VBAを組める人」に依頼してみませんか?

個人で販売しているため価格も抑えらえれます
まずはこちらから無料会員登録をして依頼をしてましょう!


VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました