【保存版】「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」の対処法

Windows10
この記事は約4分で読めます。

今回はリモートデスクトップ接続をした際に「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」と表示された時に確認する内容をご紹介します。

【オススメ】> 2台同時にリモートデスクトップ接続する方法をご紹介!

スポンサーリンク
[ad01]

エラーの内容

エラー内容

リモートデスクトップ接続はリモートコンピューターに接続できません。次のいずれかが原因です。

  1. サーバーへのリモートアクセスが有効になっていない
  2. リモートコンピューターの電源が入っていない
  3. リモートコンピューターがネットワークで利用できない

リモートコンピューターの電源が入っていること、ネットワークに接続されていること、リモートアクセスが有効になっていることを確認してください。

それではエラー内容に沿って確認しましょう!

接続手順

それでは、どの流れで「リモートデスクトップはリモートコンピューターに接続できません」と表示されるのか説明していきます。

❶「リモートデスクトップ接続」を起動して「オプションの表示」を選択

❷「コンピューター」に接続先のコンピューター名またはIPアドレス、「ユーザー名」にログインユーザ名を入力してから「接続」を選択

❸パスワードを入力して「OK」を選択

この時点でエラー画面が表示されているはずです。

確認すること

接続先の「コンピューター」に誤りがないか

初めに確認するのが「コンピューター」に入力した情報です。
コンピューター」には接続先のコンピューター名またはIPアドレスを入力します。

うめ
うめ

個人的には先にコンピューター名を入力することが多いですが、コンピューター名でリモート接続できない場合にIPアドレスを入力することがあります。

ここで接続先の情報が一文字でも間違っているとリモート接続ができません。
焦らずに落ち着いて確認しましょう。

コンピューター名」の確認方法はこちら☟

コンピューター名の確認方法
  1. Win+Eでエクスプローラーを起動
  2. 左側の「PC」を右クリック⇒「プロパティ」
  3. デバイス名=「コンピューター名

IPアドレス」の確認方法はこちら☟

IPアドレスの確認方法
  1. Win+Rで「ファイル名を指定して実行」を起動
  2. cmdと入力してコマンドプロンプトを起動
  3. コマンドプロンプトに「ipconfig」と入力してEnter
  4. IPv4アドレス=「IPアドレス

リモート接続が許可されているのか

コンピューター名、IPアドレスに誤りがないのに接続ができない場合は、接続先のパソコンがリモート接続を許可していない可能性があります。

下記の手順でリモート接続の設定を確認してください。

リモート接続の確認
  • 手順❶
    Win+Eでエクスプローラーを起動
    +
  • 手順❷
    PCを右クリック⇒「プロパティ」を選択
  • 手順❸
    「リモートの設定」を選択
    +
  • 手順❹
    「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択してOK
    +

【補足】
Windows10 Homeではリモートデスクトップ接続ができません。

リモート先のパソコンの電源が入っているか

接続先のパソコンが以下の状態だとリモート接続することができません。

リモート接続できないケース
  • 電源が入っていない
  • スリープ状態
  • 休止状態


一定時間経過するとスリープする設定にしている場合は、リモート接続に影響があるため、必要に応じて設定を切り替えておきましょう。

まとめ

確認する内容
  1. 接続先の「コンピューター」に誤りがないか
  2. リモート接続が許可されているのか
  3. リモート先のパソコンの電源が入っているか

リモートデスクトップ接続は自席にいながら別のPCを操作できる便利な機能ですが、正しく設定されていないと使うことができません。

リモートデスクトップ接続が上手くいかない場合は本記事で取り上げた「確認する内容」に問題がないか見てみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました