【VBA】先頭以外のシートを削除

VBA
この記事は約1分で読めます。

Excel VBAで「先頭以外のシートを削除する」コードを紹介します。

ポイント

今回の処理はシート名は気にせず、シート位置で削除対象になっているか判断をしています。

スポンサーリンク
[ad01]

サンプルコード

解説

繰り返し処理の中で最大シートを取得して、シート位置が1シート以外であればシートを削除していきます。

うめ
うめ

最大シート数を取得して、後ろからシートを削除していきます。

For文で「For i = Sheets.Count To 1 Step -1」と指定することで、ループする度にiの数を減らす処理となります。

3シートの場合はi=3となりますが、ループで回すと(シート削除)i=2に減ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
うめ

便利なガジェットレビューやPCのトラブル解消記事を書いています。
単調な繰り返し作業が苦手なので、作業効率化の仕組みを記事にしています。
月間9万PVを突破しました!
商品レビューのご依頼は「お仕事の依頼について」をご確認ください。

うめをフォローする
VBA
スポンサーリンク
[ad01]
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました