【VBA】先頭以外のシートを削除

VBA
この記事は約1分で読めます。

Excel VBAで「先頭以外のシートを削除する」コードをご紹介します。

ポイント

今回の処理はシート名は気にせず、シート位置で削除対象になっているか判断をしています。

スポンサーリンク
[ad01]

サンプルコード

解説

繰り返し処理の中で最大シートを取得して、シート位置が1シート以外であればシートを削除していきます。

うめ
うめ

最大シート数を取得して、後ろからシートを削除していきます。

For文で「For i = Sheets.Count To 1 Step -1」と指定することで、ループする度にiの数を減らす処理となります。

3シートの場合はi=3となりますが、ループで回すと(シート削除)i=2に減ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

当ブログは投げ銭システムを導入しています。

記事で公開しているVBAのコードが「役に立ったよ!」「有料級の情報だったよ!」と思って下さる方からの応援をお待ちしております。

梅屋ラボを応援する

今後の記事作成の励みになります…orz

VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました