モンベル アタッチャブルポーチ レビュー|サイズ感や収納例をご紹介

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

旅行や普段使い用に最低限の荷物を入れられるコンパクトなショルダーバッグが欲しい!と探していたところ、理想にピッタリなカバンを見つけました。

モンベルの「アタッチャブルポーチ」です!

うめ
うめ

写真多めでレビューしますので、気になっている人はチェックして下さい!

良かった点
気になった点
  • 内側に仕切りあり
  • ストラップは収納可能
  • ストラップがズレない
  • 重い物を入れすぎると肩に食い込む

バックパックと併用するのもオススメです!

スポンサーリンク
[ad01]

アタッチャブルポーチ

外観

大きく開くので荷物の出し入れがしやすい構造になっています。

内側に仕切りが付いているので分別が可能です。

内部にDリングが付いているので、鍵などを掛けておけます。

また、使わないときはくるっと内側に回せるので、荷物に干渉しにくいようになっています。

正面には浅めのメッシュポケット

左右にモンベルのロゴ入りのジップタグがついています。

ここは個人的なお気に入りポイントですが、ストラップの端が縫い付けられているため、使用中にズレることはありません。(ベルトの長さ変更は問題なくできます。)

ショルダーストラップの長さが勝手に変わって欲しくない派なので、細かいところまで工夫されているのが、すごくありがたいです…(涙)

このショルダーストラップは本体に縫い付けらているので、取り外すことはできませんが、裏側に収納できるようになっています。

MEMO

ショルダーストラップがカバンの縫い付けられているので、体に綺麗にフィットします。

うめ
うめ

こんな感じで綺麗に収まります!

正面から見るとポーチにしか見えませんね…(笑)

ストラップの太さは約2cmです。

太い方が安定感があると思いますが、本体に収納することを考えるとこの程度が無難なところでしょうか。

仕様

素材 330デニール・ナイロン・リップストップ [ウレタン・コーティング]
重量 88g
カラー ブラック(BK)、イエロー(CYL)、ピンク(DKFS)、カーキ(KHBN)、ネイビー(NV)、オレンジ(TERA)
サイズ 高さ17×幅13×奥行き5cm
容量 0.9L

収納例:普段使い

コンビニやスーパーなどのシチュエーションを想定した荷物量です。

旅行でホテルにチェックインしたあとに動き回る時にも使えそうな感じです。

普段使いの中身
  • iPhone 13min
  • モンベル トレールワレット
  • ハンカチ

全て収納してみました。

結構スペースに余裕があるので、軽いものであればもう少し入れられそうです。

試しに全面のメッシュポケットにiPhone 13miniを入れてみましたが、はみ出てしまいます…。

iPhone 13miniを収納

メッシュポケットはハンカチ程度にしておいた方が良いと思います。

ハンカチを収納

iPhone 13minだけを入れた状態です。

上のDリングに触れない程度に収まります。

収納例:ガジェットポーチ

続いてショルダーストラップを収納してポーチスタイルにした時です。

ガジェットポーチの中身

こちらも全部入れてもまだ余裕があります。

ケーブルの規格がType-cに統一されたら「Anker PowerPort III 2-Port 65W」に入れ替えたいですね。

使用感

前掛けにして持った状態がこちらです。

サイズ感としては大きすぎず小さすぎず、イメージ通りでした。

本体とショルダーストラップが隙間なく体にフィットしているので、綺麗にまとまりますね。

後ろに回してみても問題なしです。

以上です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました