【VBA】Outlookでメールを一括送信する方法

VBA
この記事は約3分で読めます。

今回はExcelVBAを活用してOutlookのメール送信をする方法をご紹介します。

Excelにメール文面や宛先情報を準備して一度に送信することができるので、複数の人にメールを送りたい時に便利です。

スポンサーリンク
[ad01]

Outlookを自動化するメリットとデメリット

メリット
デメリット
  • メール作成の時間が減る
  • 作業ミスが減る
  • 汎用性が高い
  • VBAの知識がないと扱えない可能性がある

メリットに書きましたが、OutlookのVBAを一度作ってしまえばボタン一つでメールを送信できるようになるため、メール作成の時間を大幅に削減することができます。

Excel上でto,cc,bccの送信先情報を一度に確認できるので、送り先間違いを防ぐことができます。

送信テンプレートを用意することで汎用性を持たせていますが、VBAに対して最低限の知識がないとOutlookk自動化のマクロを組むことは難しいかもしれません。

サンプルコード

今回も押したボタンで処理を分岐するようにしています。

初回はコンパイルエラーでVBAが動かない可能性があります。
そんな時はこちらの記事を参考にしてください。

Excelのデザイン

Excelには「送信テンプレート」と「受信先情報」の2シートを用意しました。
※サンプルコードをコピペする場合はシート名を変更しないでください。

送信テンプレート

送信者の情報を設定しています。
メールを送信する時に名前や署名が上下にセットされるように組み合わせています。

受信先情報

メールを送りたい相手の情報をまとめています。
今回の処理では3行目の社名が空白になるまでメールを送信するようになっています。

今回もボタン名で処理を判別しているため、基本的にボタン名の変更はしないようにしてください。

どうしてもボタン名を変更したい場合は、コード内の「一括送信」の部分を変更したボタン名に書き換えてください。

「一括送信」ボタンを選択した場合は3行目が空になるまで右に移動しながらメールを送信します。「プレビュー」ボタンを押した場合はメールのプレビュー画面が表示されるので、どのような形式で送信されるのか確認できます。

プレビュー

プレビューで実際のメール作成画面が表示されます。

うめ
うめ

いきなり一括送信されるのはちょっと不安…と言う場合はプレビューで確認してくみてください!

ここでは下記項目がどのように設定されるのかOutlookの画面で確認できます。

確認出来ること
  • 宛先
  • CC
  • BCC
  • 件名
  • 本文
  • 添付ファイル


サンプルでは架空のアドレスを設定しているためそのまま送ることができませんが、実在するアドレスであれば、「プレビュー」で本文のデザインを確認してそのまま「送信」することも可能です。

プレビュー画面

プレビューからそのまま送信してみるとこんな感じに届きます。

うめ
うめ

添付ファイルも一緒に送信することができます!

受信メール

送信後のメッセージボックスで何件のメールを送信したのか確認できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

当ブログは投げ銭システムを導入しています。

記事で公開しているVBAのコードが「役に立ったよ!」「有料級の情報だったよ!」と思って下さる方からの応援をお待ちしております。

梅屋ラボを応援する

今後の記事作成の励みになります…orz

VBA
スポンサーリンク
[ad01]
うめをフォローする
梅屋ラボ
タイトルとURLをコピーしました