【WordPress】初心者向におすすめのプラグイン9選

WordPress
この記事は約4分で読めます。

Word Pressは便利はプラグインがたくさんありますが、何を選べば良いのかわかりにくかったりしますよね。

初心者の方でもわかりやすくまとめていますので、興味のあるプラグインがあれば是非導入してみて下さい!

スポンサーリンク

プラグインの必要性

プラグインって何?

標準のWord Pressにない機能をインストールすることで新しい機能を「有効化」することです。

プラグインをノートパソコンに例えると、購入時点でインストールされていないソフトをあとから手動でインストールするイメージに近いです!

便利な物が多いですが、使用しているテーマとプラグインのバージョンによって不具合を起こす可能性があります。

梅屋
梅屋

「バージョンの相性」と聞くとパソコンと同じような考え方になりますね。

おすすめのプラグイン

No プラグイン名 用途
1 All In One SEO Pack SEO用のプラグイン
2 Aurora Heatmap クリックした場所を色で確認
3 Contact Form 7 お問い合わせフォームを作成
4 EWWW Image Optimizer Word Press内の画像を圧縮
5 Rinker 商品リンクを簡単に作成
6 WP-PostViews 投稿した記事の閲覧回数を表示
7 Optimize Database after Deleting Revisions リビジョンとデータベースを最適化
8 Akismet Anti-Spam スパムコメント対策用
9 Crayon Syntax Highlighter プログラムのソースコード表示用

All In One SEO Pack

SEOの設定を簡単に行うことができるプラグインです。

SEO効果を上げるためには欠かせないプラグインなので必ずインストールしましょう!

Aurora Heatmap

サイトの訪問者がどこをクリックしたのかを視覚的に判断することができます。

※色が表示されるようになるまで一定期間必要です。

パソコン・モバイルどちらのデバイスからアクセスしたのかも判別可能です。
無料版と有料版がありますが、無料版でも充分役立ちます!

Contact Form 7

「お問い合わせフォーム」を作成するために欠かせない定番のプラグインです。

自由にカスタマイズすることも可能ですが、必要項目に絞ってシンプルな形にすることも可能です。

※類似プラグインに注意!

EWWW Image Optimizer

画像を劣化することなく自動的に圧縮してくれるプラグインです。
画像表示が重いと感じ場合は一度お試し下さい。

メディア画面でどのくらい圧縮化されたのか確認ができます。

Rinker

Rinkerは商品リンクを管理するためのプラグインで、日常的に利用しているプラグインになります。

ASIN番号だけで商品リンクを作成することができるので重宝しています。

ASPで稼ぎたい場合には必須のプラグインと言えます。

WP-PostViews

投稿一覧で記事ごとの表示数を確認することができます。

記事単位で表示数を把握することができるのでこちらもオススメです。

Optimize Database after Deleting Revisions

リビジョンで自動保存された記事データを削除するためのプラグインです。

リライトが多いと自動保存が蓄積されてしまうので、放置するとサイトが重くなる原因になりますが、このプラグインを導入することで対策することができます!

Akismet Anti-Spam

WordPressに標準でインストールされているプラグインです。
スパムコメント対策に活用できます。

Crayon Syntax Highlighter

プログラムのソースを見やすく色付き、行番号付きで表示させるためのプラグインです。

プログラム系の記事を綺麗に表示させたい人にオススメです。

まとめ

今回はWprd Pressにおすすめのプラグイン9種類ご紹介しました。

便利なプラグインはたくさんありますが、何でもインストールすれば良いというわけではありません。

過剰なプラグイン導入はサイトが重くなる原因にもなりますので、取捨選択した上で、必要なプラグインをインストールするようにしましょう!

プラグイン導入後はASPを登録しましょう。
おすすめはこちらをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました