【Windows10】シャットダウンしたPCが勝手に起動する時の対処法(高速スタートアップを無効化)

Windows10
この記事は約3分で読めます。

この記事ではWindows10のPCでシャットダウン後に勝手に起動した時の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

状況の確認

梅屋
梅屋

PCをシャットダウンした直後、PCが勝手に起動して
ログイン画面が表示されるようになりました。


もう一度PCのシャットダウン行いましたが、状況は変わらず…。

今までPCが勝手に起動したことがなかった為、すぐに原因を突き止めることができませんでしたが、調べてみると「高速スタートアップ」が悪さをしているようなので、無効化します。

対処方法

高速スタートアップを無効化する方法

①、Winキー⇒「電源」と入力⇒検索結果の「電源とスリープの設定」を選択
(これが最短の手順です。)

②、電源とスリープ画面で「電源の追加設定」を選択します。

「電源ボタンの動作を選択する」を選択します。


③、「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択
※標準の状態だと設定を変更することができません。

④、設定変更後に「高速スタートアップを有効にする」チェックを外してから変更を保存します。

高速スタートアップ無効化の設定は以上になります。
シャットダウンを行い、勝手に起動しないことを確認してください。

※Windows10の大型アップデート後に勝手に高速スタートアップが有効状態になることがあります。

その場合は、再度手順通りに進めて高速スタートアップのチェックを外してください。

高速スタートアップを完全に無効化する方法

高速スタートアップを有効化させたくない場合は、高速スタートアップの無効化(非表示)をオススメします。

①、Windowsキーを選択し、「cmd」と入力。

②、コマンドプロントを右クリックし「管理者として実行」を選択。
※ユーザーアカウント制御は「はい」を選択。

④、管理者権限のコマンドプロンプトが起動するので、下記のコマンドをコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けてEnterを押下。

PCの再起動後にシャットダウン設定画面から高速スタートアップが無効化(非表示)されていることがわかります。

高速スタートアップを完全に有効化する方法

やっぱり高速スタートアップを有効化したいという場合は、同じ要領でコマンドプロンプトを起動して下記のコマンドを貼り付けてEnterを押下。

設定は以上になります。

「高速スタートアップ」は不具合の多い機能なので、なるべく無効化しておくことをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました