賃貸には「WiMAX」がオススメ!メリット&デメリットを徹底解説!

ガジェット
この記事は約3分で読めます。

自宅でのインターネット環境は何を使用していますか?

賃貸でインターネットを使用する場合は「マンションタイプ回線」や「戸建回線」を契約する必要がありますが、月額料金が高かったり解約工事の費用が高い&立ち合いが必要だったりと手間が掛かってしまいます。

賃貸こそ「WiMax」がオススメ

今回は賃貸のWiMAX利用に関してメリット&デメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

WiMAXの特徴

初めに「WiMAX」のメリットとデメリットをまとめてみます。

メリット
  • 開通工事&撤去費用が不要
  • 携帯やタブレットの端末の同時接続が可能
  • 固定回線より安い
  • ルーターを持ち運べば外でもネットが使える
  • 携帯料金が安くなる
  • 引っ越し先でそのまま使える
  • 料金プランを自分で選べる
  • クレードル併用で有線LANとしても使える

最大のメリットは開通工事が不要なので、モバイルルーターが届いた日からすぐにインターネットを利用することができます!
※開通工事が不要なので引っ越しの工事&撤去費用が掛かりません。

固定回線と比較すると通信速度は落ちますが、動画閲覧やインターネットの利用はストレスなく使うことができます。

デメリット
  • 地下や建物内など障害物に弱い
  • サービスエリア外では電波が入らない
  • 通信速度は固定回線の方が早い
  • 使いすぎると速度制限あり
  • ルーターを持ち運ぶ場合は電池の管理が必要

最大のデメリットは地下や建物内に弱いことです。

場所によっては地下でも電波が入ることがありますが、不安定だったり通信速度が遅い状態になる可能性があります。

またサービスエリア外では圏外になってしまうため、利用場所がサービスエリアに含まれているか確認が必須です。

WiMAXのサービスエリアの確認はGMOとくとくBBの「ご利用エリアの確認」で調べることができます。

WiMAXはこんな人にオススメ

次はどんな人にWiMAXがオススメしたいのかまとめます!使用用途によってはオススメできない可能性もありますので注意です。

WiMAXをオススメしたい人
  • タブレットやスマホなど複数の端末を利用したい
  • 通信費を抑えたい
  • 携帯とモバイルルーターの電池管理が手間ではない
  • 頻繁に引っ越しをする人

WiMAXがあればタブレット、ノートPC、プリンターなど複数の機器と同時接続ができるようになります。

外で使用する場合はモバイルルーターを持ち運ぶ必要があるため、電池管理が必要になります。

WiMAXをオススメできない人
  • 短期間で長時間インターネットを利用したい人
  • 通信料の制限なく自由に使用したい
  • ネットゲームなど安定した通信速度を求める場合
  • 他の家族と共同でインターネットを利用したい

WiMAXは短期間で大量(3日間で10GB)に使用すると制限が掛かるため、土日でまとめて動画を観たい!という人は通信制限で低速になる可能性があります。

また、固定回線に比べると通信速度が不安定になるため、オンラインゲームなど安定した通信が要求される場合は不向きです。

外に持ち運べるメリットもありますが、自宅で他の家族と一緒に使用している場合は、結局一人一台の契約が必要になってくると思います。(3日間の使用制限もあるため)

 

おすすめWiMAX(3社)
GMOとくとくBB 高額キャッシュバックあり!
20ヶ月以上の利用で最新機種に無料で機種変更可能。
詳細を見る
BroadWiMAX 月額の安さが魅力的!
他社からの乗換え負担制度あり(上限19,000円)
詳細を見る
BIGLOBE
WiMAX 2+
10,000円のキャッシュバック
1年プランがあるため短期利用にオススメ!
詳細を見る

 

まとめ

WiMAXの特徴、オススメしたい人についてまとめてみました。

WiMAXは非常に便利なので間違いなくオススメしたい通信サービスになりますが、「解約=違約金」の問題もあるため、メリットとデメリットを比較してからの使用をオススメしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました