【VBA】Private Sub Worksheetが動作しない時の対処法

Excel
この記事は約2分で読めます。

VBAの「Private Sub Worksheet_Activate」や「Private Sub Worksheet_Change」といったイベント処理を使用することでユーザーが入力したセルの値によって色を変えたり、入力ミスをその場で指摘するようなことができます。

自由度が高いので重宝していますが、何も変更していないのに「動いていたイベントが突然が動かなくなった!」という経験はありませんか?

今回は「Private Sub Worksheetが動作しない時の対処法」について解説を行います。

スポンサーリンク

ブレークポイントを設定

最初にコード内にブレークポイントを設定してイベント処理を実行。
コードがどこまで実行されているのかを確認しましょう!

新規ファイルで作り直し

ブレークポイントを入れても止まらない場合は、新規ファイルを作成して同じコードを貼りつけてイベント処理を実行してみましょう。

Officeの修復

新規ファイルで作成しても動かない、ブレークポイントを設定しても途中で止まらない場合はExcelが正常に動作していない可能性が高いです。

コントロールパネルから「Officeの修復」を行ってください。

「コントロールパネル」⇒「プログラムのインストール」

「Office」⇒「変更」

「クイック修復」または「オンライン修復」を選択

まとめ

今回は「Private Sub Worksheetが動作しない時の対処法」についてまとめました。

対処法まとめ
  • コード内にブレークポイントを設定してイベント処理がどこまで動いているのか確認
  • 新規ファイルにコードを貼り付けてイベント処理を確認
  • Officeの修復をしてからイベント処理を確認

この記事が参考になったらシェアをお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました