【Office】サポート期間とお得な選び方

Excel
この記事は約5分で読めます。
この記事でわかること

・Office製品のサポート期間
・サポート期間終了後の取り扱い
・どの製品を選べば良いのか

スポンサーリンク

用語説明

ライフサイクル

ライフサイクルの開始日は、メインストリーム サポート、延長サポート、および Service Pack サポートの終了日を最初に見積もるために使用されます。お客様は、ライフサイクルの開始日より前の、製品のリリース後にテクニカル サポートを受けることができます。

【引用】マイクロソフト ライフサイクル ポリシーに関するよくある質問

メインストリームサポート

製品をリリースしてから保守する期間のことです。サポート期間であれば、定期的にセキュリティ更新プログラムを受けることができます。
※Microsoftは最低5年間サポートが提供されます。

延長サポート

メインストリームサポート期間終了後、有償にて2~5年間の延長サポートを受けることができます。
延長サポート期間も更新プログラムを受けることが可能です。

Office 2016

製品名 ライフサイクルの開始日 メインストリームサポート終了日 延長サポート終了日
Office Home and Business 2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office Home and Business 2016 for Mac 2015/9/22 2020/10/13 該当なし
Office Home and Student 2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office Home and Student 2016 for Mac 2015/9/22 2020/10/13 該当なし
Office Personal 2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office Professional 2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office Professional Plus 2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office Standard 2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office Standard 2016 for Mac 2015/9/27 2020/10/13 該当なし

Office 2019

製品名 ライフサイクルの開始日 メインストリームサポート終了日 延長サポート終了日
Office Home and Business 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Home and Business 2019 for Mac 2018/9/24 2023/10/10 該当なし
Office Home and Student 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Home and Student 2019 for Mac 2018/9/24 2023/10/10 該当なし
Office Mac Academic 2019 2018/9/24 2023/10/10 該当なし
Office Personal 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Professional 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Professional Academic 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Professional Plus 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Standard 2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office Standard 2019 for Mac 2018/9/24 2023/10/10 該当なし

延長サポート終了後

延長サポート終了後も変わらずOffice(Word,Excel等)を使うことができますが、セキュリティが更新されない状態で使用し続けるのは非常に危険です。

ウイルスは日々生まれていますが、Wicrosoftがセキュリティの対策(更新)を行っているため感染を防いでいます。

セキュリティ対策がない状態で使い続ければウイルスに感染するのは時間の問題です…。

どの製品を選べば良いのか

  使用年数 台数 アプリケーション
365 Solo 1年更新 5台 Word/ Excel/ PowerPoint/
Outlook/ One note/ Access/ Publisher
Business Premium 1年更新 5台 Word/ Excel/ PowerPoint/
Outlook/ One note/ Access/ Publisher
Home and Business 永続 2台 Word/ Excel/ PowerPoint/ Outlook/ One note
Personal 永続 2台 Word/ Excel/ Outlook

私はWordとExcelがあれば充分だったのでPersonalを購入しました。
どうしてもPowerPointが必要な場合はHome and Businessをオススメします。

POINT

永続版を3年使えば更新版よりも安くなるので、複数年使う想定の場合は永続版がオススメ!

created by Rinker
マイクロソフト
¥29,493 (2020/10/21 01:01:37時点 Amazon調べ-詳細)

将来的には…

2025/10/14で永続ライセンスの延長サポートが終了になります。

正式に発表はされていませんが、2019の延長サポートの延長がない場合、それ以降は1年更新版のみになると予想されています。

そうなるとOfficeをそれほど使用していないユーザは離れて行くのではないでしょうか…。

参考

365 Soloを7年使用した場合は12,984円*7年使用した場合は90,888円
2019年 Personalを7年使用した場合は32,780円
差額は‭58,108‬円

created by Rinker
マイクロソフト
¥29,493 (2020/10/21 01:01:37時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました