【iOS13】iPhoneの充電が80%から増えない「最適化されたバッテリー充電」について

Apple
この記事は約2分で読めます。

最近iPhoneを充電している時に、100%充電できないことがありました。

当初はワイヤレス充電器の故障を疑い、別の充電器を使ってみましたが、状況は変わらず…。

その後も何度か同じことがあり、ある共通点に気が付きました。

  • バッテリー残量が80%以上増えない。
  • 本体の発熱

調べてみるとiOS13の「最適化されたバッテリー充電」が原因だということがわかりましたので、詳細を解説していきます。

スポンサーリンク

「最適化されたバッテリー充電」とは

iOS13アップデート後に「最適化されたバッテリー充電」という機能が追加されました。

最適化されたバッテリー充電
  • フル充電されたままの時間を減らすことでバッテリーの寿命を延ばすことが目的です。
  • 毎日の充電パターンを記憶しており、長時間の充電を行う場合、80%まで充電したら、その後の充電を遅らせる仕様になっています。
梅屋
梅屋

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるために充電を制御する機能です。

フル充電は良くないの?

フル充電の状態で長時間放置をするとリチウムバッテリーが劣化してしまうため、Appleはリチウムイオンバッテリーを2段階の充電形式で制御しています。

【引用】Apple

80%までは「①高速充電」を行い、以降は低速の「②トルクル充電」に切り替わる仕様になっています。

「最適化されたバッテリー充電」をオフにする方法

「最適化されたバッテリー充電」はデフォルトでオンになっているため、 不要と思った場合は手動でオフにする必要があります。

「設定」⇒「バッテリー」を選択

「バッテリーの状態」を選択

「最適化されたバッテリー充電」を左にスライドしてオフにする

いつまでオフにするのか2種類から決めます。

「明日までオフにする」はAM6:00まで有効です。
それ以降は自動的にオンに切り替わります。

まとめ

話をまとめると、「充電が80%から増えないのではなく、充電のスピードが遅くなるため充電できないように見えていた。」ということになります。

iPhone側で充電サイクルを学習してくれるようですが、シフト勤務や夜勤など不規則な働き方をしている人にはあまりメリットがないように思いました。

梅屋
梅屋

歴代のiPhoneはバッテリーよりも先に他の部分がダメになっていましたねぇ…。

また、本体が発熱するトラブルもあるため、バッテリーにはあまり優しくないような気がします。

created by Rinker
¥2,799 (2020/10/29 15:47:14時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました