iPhoneのスリープボタンが反応しない時にオススメしたい設定【応急処置】

Apple
この記事は約3分で読めます。

今回はiPhoneのスリープボタンが反応しなくなった時に「もっと早くやっておけば良かったという設定についてご紹介します。

この設定はあくまで応急処置になります。
根本的な解消にはなりませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

症状は…?

症状としては
①、スリープボタンが反応しない
②、操作中に「スライドで電源オフ」の画面が頻繁に表示される。


②の症状が致命的で、電話中に発生すると強制的に電話を終了させられるため、日常の利用に支障がでていました。

画面の「キャンセル」を押すことでロック画面に戻して使用することができましたが、酷いと2,3分間隔で②の画面に切り替わってしまう状態でした。

緊急SOSをオフにする

初期設定ではスリープボタンを素早く5回クリックすると緊急SOSを発信する仕様になっています。
※画面がカウントダウン表示に切り替わり、カウントが0になると自動的に緊急SOSが発信されます。

私の場合は、携帯を操作していない時に誤動作でカウントダウンが始まり0になる直前に慌ててキャンセルしました。

緊急SOSは片手で即座に発信することができる便利な機能です。
少しでも使用する可能性があればオンのままを推奨します。

【手順】
「設定」⇒「緊急SOS」
自動通報を左にスライドして「無効化」して下さい。

自動通報を「無効化」すると5回クリック時に確認画面が表示されるようになります。
※緊急SOSを行う場合は「SOS」を右にスライドして下さい。

AssistiveTouchをオンにする

AssistiveTouchを使用することで、
・画面ロック
・スクリーンショット
・ホームボタンのダブルクリック
などの様々な操作(他にもたくさんあります!)を画面タップだけで操作できるようになります。

【手順】
①、設定画面で「一般」⇒「アクセシビリティ」

AssistiveTouch=ホームボタン&スリープボタン
※同じ操作ができます!

②、アクセシビリティ画面の下部にある「ショートカット」⇒「AssistiveTouch」にチェックをつけます。

AssistiveTouchが有効になると、画面上にホームボタンのような〇ボタンが表示され、画面タップの組み合わせでiPhoneをコントロールできるようになります。

画面ロック
「デバイス」⇒「画面をロック」

スクリーンショット
「デバイス」⇒「その他」⇒「スクリーンショット」

パスコード入力画面
「ホーム」

〇ボタンが煩わしいと思った場合は、〇ボタンまたはホームボタンを3回タップとで〇ボタンの表示、非表示を切り替えることができます。

まとめ

iPhoneはスリープボタンが効かくなると非常に不便です。

故障してから「思うように操作ができない!」なんてことにならないように普段からAssistiveTouchとスリープボタンの併用をオススメします。

※緊急SOSの自動通知をオフ自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました