【パンク修理】車のタイヤにネジが刺さった時の対処法

アクティブ
この記事は約2分で読めます。

洗車中に後輪タイヤにネジが刺さっているのに気づきました…(涙)

ネジや釘などの異物が刺さったまま走行を続けるとタイヤがパンクする可能性があるため、速やかに対処する必要があります。

今回行った対処法は「ディーラーに持って行く」です。
※ディーラーはマツダです。

個人的な判断としては正解だったと思っています。

それでは修理費用、作業時間も合わせて解説します。

タイヤに刺さった異物を自分で引き抜くのはNG!
空気が抜けて自走できなくなるため、絶対にやってはいけません。

スポンサーリンク

ディラーとのやりとり

営業時間終了の30分前だったので対応してくれるかディーラーに確認の電話をした際に聞かれた内容が以下の項目です。

  • どのタイヤに刺さっているのか?
  • 自走できているか?
  • 車のナンバーは?
梅屋
梅屋

ギリギリの問い合わせでしたが、対応可能と回答をいただきました!

修理費用・作業時間

ディーラー店舗に到着してからネジの刺さった個所を一緒に確認してから鍵を渡して作業開始。

この時点で「パンク修理は可能です。修理費は1,500円(税抜)ですね」と口頭で説明を受けました。

ディーラーの判断次第ですが、ネジの大きさ、太さ、刺さった個所によってはパンク修理ができないケースもあるようです。

作業時間は約30分程度で終了。

帰り際に「修理した個所が盛り上がっているかもしれませんが走っているうちに熱で固まります」と説明を受けましたが、走行時の違和感はありませんでした。

また、空気が抜けるまでタイヤに異物が刺さっていることに気づかないケースが多いようで、状態が悪いとパンク修理でなく、タイヤ交換が必要になるそうです。

梅屋
梅屋

ネジが刺さっていたのはショックでしたが、最悪の状況になる前に気づけたので運が良かったです。

まとめ

パンク修理をディーラーに依頼した際の修理費、修理時間についてまとめました。

修理費用は1,500円(税抜)。状況によっては上がる可能性あり。
作業時間は約30分

タイヤに異物が刺さっていることに気づいた場合は、自分で対処せずにディーラーに持ち込むようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました