【2020年】Apple Watchのデータ移行方法をガッツリ解説!(保存版)

Apple
この記事は約3分で読めます。

Apple Watch Series 4から「Apple Watch Series 5」に機種変更をしましたが、データ移行の手順がよくわからず、ネットで調べながらの作業になったため、かなり時間が掛かりました…。

今回は自分への備忘録も兼ねてデータ移行の流れを画像付きで解説していきます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥44,880 (2020/10/22 02:51:52時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

データのバックアップ

Apple Watchは手動でバックアップを作成する必要がなく、iPhoneとのペアリングを解除することでiPhoneに設定のバックアップ情報が生成されます。

「ペアリング解除」=「バックアップ作成」

iPhoneの「Watch」アプリを起動して「〇〇のApple Watch」を選択

Apple Watchの右側のオレンジ色の「iアイコン」を選択

「Apple Watchとのペアリングを解除」を選択

再度確認されるので「〇〇のApple Watchとのペアリングを解除」を選択

Apple IDのパスワードを入力

Apple Watchとのペアリングが解除されます。

ペアリング解除で自動的にiPhone上に設定のバックアップが作成されます。

ペアリングが解除されるまで少し待ちます。

新しいApple Watchをペアリング

続いて新しく用意したApple WatchとiPhoneのペアリングを行います。

Apple Watchの電源を入れてから「ペアリングを開始」を選択

iPhone画面に「Apple Watchをカメラに向けてください」と表示されるので指示に従います。

古いデータを引き継ぎたいので「バックアップから復元」を選択

バックアップから復元したいデータを選択

バックアップデータが複数ある場合は間違えないように注意!

Apple Watchの準備が終わるまで待ちます。

「Apple Watch解析」は任意で選択

「Apple Watchのパスコード」を設定

Apple Pay用のクレジットカードを追加

設定が完了するとWalletにカード情報が追加され、使用できるようになります。

「緊急SOS」の設定も任意で設定しましょう。

時計文字盤は「続ける」を選択

最後に同期を行います。
画面のリングが〇になれば完了です。

「ようこそ」の画面が表示されるので「OK」を選択

Apple Watchの「デジタルクラウン」を押してセットアップ完了です。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥44,880 (2020/10/22 02:51:52時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はApple Watchのデータ移行について解説を行いました。

画面数が多く感じますが、操作はほぼiPhoneで行います。特に難しい作業もないため、慣れれば30分くらいで終わらせることができると思います。

「Apple Watch Series 5」の使用感については別の記事で解説しようと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥44,880 (2020/10/22 02:51:52時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました