【詐欺メール】「American Express」を語るフィッシングメールに注意

Google
この記事は約3分で読めます。

American Expressを語る詐欺メールが届いたので、詐欺メールの見分け方をご紹介します。

やってはいけないこと
  • 見覚えのないメールのリンクをクリックしない
  • 個人情報(住所、アドレス、電話番号)を入力しない
スポンサーリンク
[ad01]

詐欺メールの内容

今回届いたメールはこちらです。

メールの件名
  • 【American Express】次回口座振替のお知らせ
  • 【American Express】カードご利用金額のお知らせ
うめ
うめ

American Expressカードは使っていないのでリンクを押すことはないですね…w

詐欺メール1
詐欺メール2

公式サイトでも注意喚起のお知らせがありましたので載せておきます。

今回紹介している内容とは異なり「現在カードのご利用が一時停止されました」という件名のメールもあるようです。

詐欺メールの見分け方

続いて詐欺メールを見分ける方法を解説していきます。

確認する内容
  1. 送信者のドメインが正しいか
  2. 片言の日本語になっていないか
  3. リンク先のURLが公式サイトになっているか

送信者のドメインが正しいか

まずは公式のお問い合わせメールを確認してみると、「amexnetworkprivacy@aexp.com」となっていました。

詐欺メールを確認すると「fqhmeh**@welcome.aexp.com

これだけで一目瞭然です。

片言の日本語になっていないか

手元になかったのでTwitterから探してきました。
これはドメインを偽装しているパターンですね。

リンク先のURLが公式サイトになっているか

メール本文にあるリンクのアドレスをコピーしてを確認してみましょう。
アドレスをコピーして本家と比較すると…

【スパム】https://www.americaneixprizss.com/
【公 式】https://www.americanexpress.com/

うめ
うめ

並べてみると全然違うのがわかりますね…w

まとめ

American Expressを使用している場合は反射的にリンクを押してしまいそうですが、

  • 送信者のドメインが違う
  • 片言の日本語
  • リンク先のURLが違う

一つでも当てはまれば詐欺メールです!

誤ってアクセスしたとしても個人情報を入力しないように気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました